IMG_7944

舞川あいくコラムvol.9―「ファッションについて」

―FASHION―
ANZをご覧のみなさん、こんにちは。舞川あいくです。第9回目は私がステキだなと思う女の子のファッションスタイルについて。もし私が男性だったら?そんな視点も加えてお話ししたいと思います。

洋服に袖を通す時、皆さんはどんなことを考えながら服を選びますか?私は深く考えるというよりは自分にとって気持ちの良いモノをセレクトしていくことが多いです。最近では流行よりも着心地の良さや素材感、体に自然に馴染むデザインがお気に入り。だからクローゼットの中は可愛らしいワンピースよりもシンプルなニットやデニムが多いし、スカートもミニではなく膝下を履きます。

そんな私が今気になるのはハリのある素材やヴィンテージもの。シンプルなのにどこか他とは違う、そんなデザインやアイテムに惹かれます。そこにファーのバッグやラグジュアリーブランドのバッグなど存在感のある小物を合わせてコーディネートに遊びをきかせる、そんなスタイリングがマイブームです。ヘアも以前はロングの巻き髪でしたが、歳を重ねていくうちに好みも変わってきて今はミディアムがちょうどイイ感じ。

買い物をするなら六本木エリアですね。オシャレな人が沢山いるので個性を上手く出しているコーディネートを見るとつい目で追ってしまいます。海外のセレブや女優のスタイルも参考にしていますよ。他人にどう思われても気にしない、私は私!という強い気持ちが自己表現のツールとしてファッションに表れていて。これが好き!とダイレクトに感じるスタイルは刺激を受けます。

きっともし私が男性だったら、流行を身に纏っている女性よりもトレンドに左右されない自然な姿に惹かれるんだろうなと思います。シンプルなTシャツにデニムを合わせただけのスッキリとしたスタイルは自分に自信があるようにも見えてステキ。例えばそこにボディラインや肌の露出など女性としてのセクシーな要素が入っていると男性ウケするんじゃないかな。

男の人はきっと自分には無いものを女性に求めていると思うから、さり気なく女性らしさをアピールするのもポイントですよね。でもデートの時にいきなりミニスカートで現れたらこの人勝負しているのかな?と私は疑ってしまいそう。気になる男性とデートする時には相手のライフスタイルに合わせながら自分らしい洋服を選ぶ、そんなことを考えながらファッションに向き合うとまた違う楽しさが出てくると思います。

あなたにオススメの記事

now loading