6254

「子育てしながら、家庭と仕事を両立するには?」神崎恵ANZ特別コラムvol.2

—HEALTH—
ANZをご覧のみなさん、神崎恵です。子供を育てながら家庭と仕事を両立する女性は年々増えていますよね。私もその1人です。今回のコラムでは私流の家族とのコミュニケーションの取り方についてお話したいと思います。

家事と育児を上手に両立させているようなイメージで見られがちですが、正直なところ私はバランスよく両立することができないタイプ。実際に3人の子供を育てながら仕事をしていますが、「ワーッ!」となることもあります。だから無理に両立しようとせず、仕事をしている時は仕事に集中し、家に帰れば母親に。自分の中で優先順位を付け、できることを可能な限り実行するようにするように心掛けています。

私にも経験がありますが、忙しさは心を奪い、精神的にも追い込まれてしまいます。だからちょっと力を抜いた方が結果的にラクな気持ちになるんですよね。もちろん「私なんなんだろう」と思うくらい忙しい時だってあります。

締切りが迫っている時は主人や子供達が寝静まった後の深夜に執筆することも。睡眠時間が2時間というハードな状況に陥ることもありました。でもこれを乗り越えれば家族全員の幸せに繋がるんだ、そう思うとやはり努力は必要。そして大変な状況でも頑張ることができるのは家族の存在が大きいです。

そんな私が毎日行っている子供とのコミュニケーションが朝ご飯と夜ご飯を一緒に食べること。特に朝は私が作ったご飯をきちんと食べてほしいと思います。そして出掛ける時には必ず「いってらっしゃい」の言葉をかけてあげたい。小さい頃に母親から言われたこの言葉はどこか心を安心させてくれます。自分が母となった今、改めて「母親の言葉」の意味を実感しますよね。

男3兄弟と主人、私という見事に男ばかりの家庭ですが、年が離れていることもあり喧嘩もせず兄弟仲良く遊んでくれるので仕事をしている身としては助かります。その代わり、夏休みや年末は思いっきり遊びに行って楽しみます。家族全員、体を動かすことや自然に触れることが好きで毎年冬になればスノーボードをしに雪山旅行です。今シーズンももちろん行く予定ですよ。

子供と一緒に過ごせる限られた時間を使って、楽しいことを沢山共有することが私にとって心と体のバランスを上手く保つ秘訣だと思います。

あなたにオススメの記事

now loading