1

ディープ・クレンジングの新体験!日立・熊野筆

最近、クレンジング美容家電は話題ですね。
いろいろ迷いながらも、やはり「メイド・イン・ジャパン」を考えるあなたに、日立・熊野筆のマジック洗顔ブラシをおすすめします!
今日は、その使い方をご紹介させていただきます。

私も去年友達に勧めてもらって、やっと購入しました!値段はちょっと高いですが、そこまでの価値があると思います。
毎日のご使用はもちろん、週に2、3回のスペシャルスキンケアとしてのご使用もおすすめです。

1

本体を組み立てると、こんな感じです。

2

後ろには製造年月や品名などがいろいろ書いてあります。

3

単三電池2本なので、海外旅行でも気軽に持って行けますし、留学生の私でも、国に帰る時に電圧の問題を考えずに使うことができます。

4

今日はコスメデコルテのクレイ・ブランを使います。
ちなみに、普通の洗顔料だけでなくパウダータイプも泡立てることができますよ!
黒ずみ、皮脂、角栓など、お肌の汚れをきれいに取ってくれます。敏感肌、乾燥肌でも負担なく、きれいに洗えます。

5

付属のコップに水を少なめに入れて、スイッチを一回押すと、ホイップモードに入ります。
だいたい1分程でホイップモードは自動的に停止します。
次に水を顔にかけ、スイッチをもう一度押すと、クレンジングモードに入ります。
45秒ごとに一時停止し、「次のところを洗ってください」というアラームが鳴ります。

6

熊野筆の方は、実は2wayで使えます!筆を持って上に軽く押し上げると、鼻の周りのクレンジングとしても使えるので、よりいいですよ。

7

付属のコップ、本体、熊野筆を水で洗ってから、筆の方を付属コップにかければ、自然乾燥で済むので非常に簡単です。

また、本体は防水機能があるので、お風呂場でも使えます。
熊野筆は使用頻度によりますが、だいたい半年くらいで交換します。

日立の技術と、伝統ある化粧ブラシメーカー熊野筆、この組み合わせはいかがでしょうか?
この洗顔ブラシがあれば、お家でもエステのディープ・クレンジングを体験できるようになりますね!

now loading