IMG_7944

舞川あいくコラムvol.6

ANZをご覧のみなさん、こんにちは。舞川あいくです。連載コラム第六回目は「恋愛」について。素敵な恋をしている女性はキラキラとしていて魅力的ですよね。

恋愛

男性と付き合うならどんな人?と聞かれたらまず思い浮かぶのは人として尊敬できること。相手の言葉や表情、雰囲気から気持ちを読み取って場の空気を穏やかにしてくれるような人は純粋にスゴイなと思います。というのも、私自身、初対面の人と話すことがあまり得意ではないので程よい距離感で接してくれるような空気を読める人に自然と惹かれることが多いです。反対に、人の話を聞かないで自分の話ばかりする人は少し苦手かも。以前、お仕事で渡辺謙さんを撮らせて頂いたことがあるのですが、休憩中にも関わらずとても紳士な対応で「ちゃんと撮れたかな?何かあったら言ってね」とすごく気を使ってくださったことに感動!偉大な人であるほど丁寧で、そして決して自分を大きく見せようとしないその姿勢が素敵だなと思いました。

そしてもう一つ、共通の趣味や価値観を持っている人。外に出て新しいことを吸収したいと思うタイプなので「ここに行きたいな!」と言えば「お!いいじゃん」とのってくれると嬉しいですね。旅行やドライブをしたり、美術館で感性を磨いたり・・・、好きな人と同じモノ・同じ時間を共有できたら文句なしに最高です。この前、友人とマカオ旅行で見た水上ショー、水しぶきがかかるほどのアクロバティックなパフォーマンスに勇気とパワーをもらいましたが、こういう刺激を一緒に見て、感じて、お互いをもっと知ることができるような関係はいいですよね。そして何よりも重要なのは仕事で戦闘モードになっている私を女の子に戻してくれる人。彼氏が家にいればその人のために料理を作りたいと思うし、一緒に料理本を見ながらどれを作る?なんて他愛もない話をする時間に幸せを感じます。

いい恋愛ができると仕事からプライベートへの切り替えもスムーズになりますし、両方が充実していると自然に自分自身の気持ちもポジティブになれるもの。それが「美しさ」として現れるんだなと感じます。

あなたにオススメの記事

now loading