IMG_8003

舞川あいくコラムvol.5

ANZをご覧のみなさん、こんにちは。舞川あいくです。連載コラム第五回目は私の「食」に対するマインドや選び方について語りたいと思います。

撮影現場やレセプションパーティー、打ち上げなど外食をする機会が多いと食事にも気を使わなくてはなりません。美味しそうなスイーツや差し入れが目の前にあれば、できるだけ視界に入れないようにしたり、持ち帰って早い時間に食べたり、皆でシェアしたりと工夫をしています。時には手を伸ばして食べてしまうこともありますが、ちょっと食べ過ぎたな思ったらその日、遅くとも次の日までに温野菜スープやコールドプレスジュースなど胃に負担がかからないものを摂取して体調を整えることを日課にしています。
また、体を動かすことが好きなので脂肪燃焼効果が期待できるバームを飲んでから溶岩浴ヨガやピラティス、ボクシングで思いきり汗をかいてカロリーとストレスをまとめて発散することも。腕や腰を大きく動かし、全身を使うので体のシェイプアップにも繋がります。ボクシングやヨガに集中していると自ずと甘いものを口にしたいと思わなくなりますし、何よりも心と体のメンテナンスに繋がるので今の私には欠かすことのできない美のエクササイズです。そして全身運動の後はジムに隣接しているカフェへ行くことが楽しみのひとつ。玄米や全粒粉パスタなど全てのメニューが低糖質で作られていて糖質とカロリーが必ず記載されているという徹底ぶりに驚かされます。薄味ですが運動した後にはちょうどよく、私好みの味付けなのでつい立ち寄ってしまうカフェです。偏った栄養バランスを改めて見直したい人にもいいかもしれないですね。

もっと身近なところではローソンに並んでいる「糖質制限パン」シリーズ。種類も豊富でとってもヘルシー!個人的には”ブランのパンケーキ”が好きで、出張に行く時に重宝しています。
食に対する考え方は様々ですが、お家で料理を作る時も外食をする時も体に負担をかけないこと、そして何よりも体がよろこぶ食選びが大切だなと思います。

あなたにオススメの記事

now loading